体験談から学ぶ粗大ごみ回収のポイント

粗大ごみを持ち込みするまでに行うこと

家の片づけで、暮らし方に変化を

思い出の写真は処分しづらい

生活を一新するために、環境を整えるのは大切です。
住空間は心の中を表すと言います。部屋の中をきれいにすることで、精神的にも安定し、気持ちがおだやかになっていくそうです。今は必要なものはいさぎよく捨てて、最小限の気に入ったものの中で暮らすことが静かなブームになっています。またものが集まりがちな実家を片付けることも、年老いた親に、安全に生活してもらうための重要な事柄と認知されてきています。季節の良い時を選んで、家の片付けに取り組み、暮らし方に変化を加えてみましょう。

捨てられない原因はズバリ「思い出」

物がたくさんあると、収納する家具や棚を購入しがちです。その収納家具が増えると、中に入れる雑多なものも捨てないで収めてしまいがちです。ですので片付けの基本は収納家具を増やすのではなく、やはり捨てることです。中には捨てにくいものがあり、その多くは写真や手紙などの思い出の品です。また引き出物などの頂き物も捨てにくいものに入ります。
つまりそこに思いや記憶があるものが捨てられないのです。そんなに見返さないけれど捨てられない、使わないけれど捨てられないのです。

写真や手紙はデータ化

写真や手紙といった紙の仲間のものは、写真に撮ってデータ化するのが、場所を取らずに保管できる方法で、現在の形としては最もスマートです。ハードディスクだけで管理せず、CDやUSBメモリなどにもコピーすることで、安心できます。写真に関しては、厳選してアルバムにすると、小さなお子様やお年寄りにも喜ばれます。

リサイクルショップに出す前に

引き出物などは、未使用のものはリサイクルショップに引き取ってもらえますが、始めに、欲しい人がいたらもらってもらうことも試してみましょう。それぞれ好みがあるのが生活雑貨ですが、思いがけない使い方をしてくれる方もいらっしゃいます。生かしてもらえると嬉しいですね。

引き取り手のないものを処分

しかし古すぎたり、使いにくいものは、結局誰も引き取れません。その時までには、捨てる意思も出来ているかと思います。
そういったものは、資源ごみに出せるものは分別して回収日に出し、処分するものは家庭ごみの決められた日に出しましょう。

業者を利用するなら→粗大ごみ回収ガイド | 不用品回収業者を比較ランキング!費用は?

不要な家具類は粗大ごみに出すのが合理的

小物を片付けた後は、それらを収めていた家具が不要になるでしょう。家具類も思い切って処分しましょう。粗大ごみの日に決められたルールに従って処分するのが一般的ですが、早く処分したい場合は、自家用車に積んで、ごみ処分場に持ち込みすることも可能です。処分に迷いが生じることが心配であればその方法がおすすめです。粗大ごみの他、出しそびれた小物も一緒に処分できますから、一度に多くのものを処理できるのも合理的です。

空間リセットで暮らしを豊かに

処分した後は、しばらくその空間で過ごしてみて、自分には何が必要か、考えてみましょう。もしかしたらまたものに囲まれた暮らしになるかもしれませんが、一度リセットした暮らしは前よりも豊かなものになることでしょう。

最新記事