粗大ごみを安く処分するための工夫

お金のかかる粗大ごみ 便利屋でついでの処分が狙い目

粗大ごみをお得に処分する工夫
粗大ごみの処理にはお金がかかりますから、なるべく安く処分するとそれだけお金を稼いだのとほとんど同じことになります。
通常の処分方法では、市町村の担当部署に連絡し処分日時を予約、処分料金分のごみシールを購入し、定められた日時に指定された場所に置く手間とお金が必要になります。つまり通常の手順を踏んだところで時間もお金も必要になるわけです。処分する物が大きい場合、自分で運び出すことが難しいことすらあります。
こうしたケースでは、運び出しから処分まで一括して便利屋に処理を頼んだ方が安い場合もあります。庭木の剪定など他の作業で頻繁に同じ便利屋に依頼している場合、他の作業に来てもらったついでにごみ処理を頼むと、稀にサービスで無料回収してくれることもあります。

解体して通常ごみに

ほとんど費用をかけずに大きなごみを処分したい場合、自分で解体して複数回に分けて通常のごみとして出すという方法もあります。

換金するなら、ネットオークションかリサイクルショップがおトク

更に一歩進んで、ごみを換金したり無料で回収してもらえる方法を模索することもできます。自分では必要ない物でも、他の人にとっては必要な物となる場合もあるからです。
状態が良い場合、ネットオークションなどに出品してみることができます。
また、リサイクルショップに買い取ってもらうのもひとつの方法です。複数のリサイクルショップに買い取り料金を見積もってもらえるサイトがあります。買い取ってもらいたい物を撮影後アップロードし簡単な説明文を加えて、お店からの返答を待つだけです。
売りたい物を自分でお店に持ち込んだ方が高く売れる傾向はありますが、お店のスタッフに取りに来てもらうこともできたりします。もちろん近所のリサイクルショップに直接持ち込んでみて引き取ってもらえるか交渉してみることもできます。

複数店舗で見積もりしてもらうのがポイント

しかし、ネットで複数の店舗に見積もりをしてもらうとわかるのですが、同じ物でもお金を払って買い取ってくれるところもあれば、逆に処分料金が必要だと回答してくるところもあります。
多少の手間を省かず、ネットで複数店舗に見積もりをしてもらってから処分したほうが無難です。例えゼロ円での引き取りとなった場合でも、無料で大きな物を引き取ってもらえる上に、粗大ごみシールを買うお金なども節約できるのですから、差し引きではかなりのプラスとなります。
また場合によってはポイントサイトなどで、買い取りリサイクルショップ一括見積もりサイトを利用するとポイントがもらえるキャンペーンなどを行っていることもあります。