粗大ごみの出し方をいろいろ考える

新生活で生まれる粗大ごみ

進学や就職、転勤、結婚など、生活の形が変わると、引っ越しが必要になることもあります。
その際に、それまで使っていた家具が不要になったり、新生活のはじまりとともに、買い替えをしようと考えることも多いでしょう。こうしたタイミングで出てくるのが、粗大ごみの処分という問題です。

粗大ごみ処分は引っ越す前に

粗大ごみの出し方について、知らない方もいらっしゃるかもしれません。粗大ごみに限らず、ごみの出し方は、各自治体でルールが違います。引っ越した先で出そうと考えると、それまでのごみ出しルールと違っていたり、不要なものまで新居に運ぶ手間もありますので、引っ越す前に処分するのが楽な方法です。引っ越しの準備と重なるので大変そうに思いますが、このタイミングで処分するのが経済的でもありますので、頑張ってみましょう。それまでの自治体のゴミ出しルールは、わからない場合は区役所などの環境担当の課に問い合わせるとすぐわかります。
私の住む自治体では、ゴミ出しのための小冊子を出していて、それを見ると、まず出すものに対しての処分にかかる金額が書いてあり、その金額の手数料の券をコンビニで購入します。これはシール状になっています。それから処理施設の窓口に電話して、処理できる日を決めてもらい、その日に合わせて、コンビニで買った手数料の券を、処分したいものに貼り付け、指定の場所に出しておきます。そうしますと、回収して行ってくれるのです。

ごみ処分場に運んで一度に処分

他には、事前に連絡をしてから、ごみ処分場に車で運び、一度に処分してもらう方法もあります。これは車にいらないものを積んで、その車の重量を差し引いた重量に対して、処分に必要な手数料を払うことになるので、車の重さが書かれた車検証が必要になります。それで車両の重さを確認してもらうのです。荷物の積める車を手配できるなら、一度に処分できるので、ごみ処分場が遠くなければ、この方法も手軽でしょう。

リサイクルショップ利用は必ず事前見積もりを!

他に、リサイクルショップに回収してもらう方法もあります。これは、不用品を買い取ってもらうという方法ですので、お金を払うということがないのでお得な気がしますが、中には悪質な業者もいて、逆に高いお金を払う羽目になる場合も考えられますので、利用する際は、きちんと見積もりを取ってから、検討するのが良いでしょう。

愛着ある家具だからこそ、きちんと処分を

できれば、それまで使っていた愛着のある家具を、使っていけたらいいのですが、長く使ったり、家族が増えたりすることで、それまでの家具とさよならしなければならないこともあります。きちんとした手続きを踏んで、これまでの家具にお礼を言うつもりで、処分しましょう。